小学校受験・幼稚園受験のわかぎり21

小学校受験・幼稚園受験のための幼児教室

わかぎり21池袋本部校
池袋本部校トップ | 表参道青山校 | もぎテスト | 体験入会 | お問い合わせ
わかぎり21池袋本部校

受験に役立つ解説コーナーB

このコーナーでは授業解説時にお話しした内容のうち、受験に役立つ情報をお伝えしています。


巧緻性対策

国立の制作とは

筑波大附属、学芸大小金井、お茶の水女子大附属では入試で制作の課題を出題します。ただし、これは受験生が創意工夫をしてものを作る、という課題ではなく、 指示制作、先生のお手本と同じものを作るという内容です。

これは評価する点が、指先に力が入るか、思い通りに指先を動かせるか、といったいわば指先の機能をみるためだからです。小学校受験ではこれを手先の巧緻性と呼びます。

そうなると、対策としては普段から指先をしっかりと使うことが一番ということになります。ご家庭でも工作だけでなく、遊び、お手伝い、自分の身支度など指先を使う機会を多くしていくことが大切です。

巧緻性の3H

「はさみ」「はし」「ひも」の3つを3Hといい、巧緻性トレーニングに欠かせない道具です。毎日触れる機会をつくりましょう。

ひも結びはかた結び、リボン結びいずれも素早くできるよう練習しましょう。国立ではありませんが、一昨年早稲田実業では、豆腐を箸てつかむという試験が出ています。 食事のときにできるかどうか試してみましょう。

頻出するクリップとモール

ゼムクリップで紙をたばねる、2本のモールをねじって1本のモールにするなどは苦手な受験生も多いようです。指先の力をつけて、練習しましょう。

折り紙はレパートリーを増やす

丁寧に折ることも大切ですが、何も見ずに折れる作品を3〜5種類つくっておきましょう。折り紙はノンペーパー試験の待ち時間に時間調整で させることがあります。このとき、何種類もの作品を折れれば、経験豊富な子として試験官の目に映ることはまちがいありません。遊びの中で身に付けていきましょう。


■池袋本部校トップページへ